天皇制と部落差別 権力と穢れ

著者 : 上杉聰
  • 解放出版社 (2008年6月18日発売)
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759240474

作品紹介

部落問題は、天皇とのかかわりを抜きに論じることはできない!!
部落を「社会外」として再構成した著者が、新たな構想で「天皇制と部落差別」の歴史を解きあかす!
「差別の歴史をつくるのは誰か?」の難問――「権力」か「民衆」、それとも「ケガレ」か――を解く!

天皇制と部落差別 権力と穢れの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  上杉聡さんの講演を聴いて読んでみた。天皇制に視点を当てて歴史をみると、秀吉の朝鮮出兵も違って見える。
     「穢れとは、人の社会の秩序を壊すものや人、社会的に違和感を感じるときに感じるものである。」という。そして、黒人奴隷が解放されたとき初めて黒人に対して穢れを感じるようになった白人の例があった。奴隷ならば感じないのに対等な立場になると、今までの秩序がこわれて穢れを感じるという。なるほどと思った。
     そして、穢れ自体を吟味するのでなく、それがどういう社会秩序で感じるのか、どのような形で存在しているのかを解明すべきであるとあった。自分の周りの差別や負の感情を考えるのもそれが大事なのだろうと思う。
     しかし、部落差別の成り立ちについてはまだ、よくわからなかった。

全1件中 1 - 1件を表示

上杉聰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天皇制と部落差別 権力と穢れはこんな本です

ツイートする