ゴーマニズム宣言差別論スペシャル

  • 解放出版社
3.52
  • (6)
  • (13)
  • (24)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 114
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759260311

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雑誌連載中に読んで強烈だった同和問題と表現の自主規制がメイン。一部はもう20年以上前に書かれたものなので、その後よしりんの主張はどのように変化したかはわかりませんが大変に興味深い問題定義だと思う。相変わらずの読み応えに満足。

  • 久々にゴーマニズム宣言を読み返す。部落問題に関する様々な話題が非常にわかりやすく描かれており、差別問題の実情を考える良いきっかけとなった。特に社会的にそもそも能力の劣っている『絶対弱者』と呼ばれる人々が自分よりも劣った人間を見つけるために人種や生まれた地域などで差別を行うのでは?という考え方に非常に共感した。原子力発電所などは差別部落の近くに存在していたり、とさつ場なども差別部落の人々が多く働いていることを考えるとそもそも部落の人々は社会に必要なシステムとして織り込まれているのではないか、という小林氏の考え方には非常に驚かされた。

  • 「哲学が足りない!!なぜ差別を行なうのか。考えよ!」
    わかりやすく、単純明快な文章。すばらしい本だね。

  • 天皇より興味ある。なんでやろ。次は世界屠畜紀行をよむ。

  • これを読むと自分があまりにも無知であることに驚く。社会を考える上で避けては通れない差別問題の一部が恐ろしくわかりやすく書かれている。漫画だからとなめてはいけない。

  • 主張は正しい・・・時代がそれを証明した。

  • 人権研修の講師もおすすめでした

全8件中 1 - 8件を表示

ゴーマニズム宣言差別論スペシャルのその他の作品

小林よしのりの作品

ツイートする