合理的配慮、差別的取扱いとは何か ―障害者差別解消法・雇用促進法の使い方―

著者 :
  • 解放出版社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759261226

作品紹介・あらすじ

差別解消をめざして制定または改正された2つの法律(2016年4月施行)を受けて、企業や行政、学校などはどのような取り組みをすべきかを具体的に解説。取り組みに役立つ差別禁止指針、合理的配慮指針など付属資料も豊富。

著者プロフィール

DPI(Disabled Peoples’International、障害者インターナショナル)」は国際的障害者運動のネットワークとして1981年に結成された、国連の正式協議NGO。DPI日本会議はDPIの日本国内組織として1986年に発足。身体障害、知的障害、精神障害、難病等の障害種別関係なく、あらゆる障害に関係した取り組みを行っている。地域の障害当事者声を集めて国の施策へ反映させ、障害のある人もない人も同じように暮らせる社会の実現を目指し、活動している。

「2017年 『障害者が街を歩けば差別に当たる?!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

DPI日本会議の作品

合理的配慮、差別的取扱いとは何か ―障害者差別解消法・雇用促進法の使い方―を本棚に登録しているひと

ツイートする
×