人生には何ひとつ無駄なものはない―幸せのための475の断章

著者 : 遠藤周作
制作 : 鈴木 秀子 
  • 海竜社 (1998年3月発売)
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 22人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759305401

人生には何ひとつ無駄なものはない―幸せのための475の断章の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 遠藤周作の小説やエッセイからの抜き書き。
    折りにつけ読み返してみたい言葉がもりだくさん。

    「愛とは美しいもの、魅力あるものに心ひかれることではないのである。外面的美しさが消え、魅力が褪せても、それを大事にすることなのだ」
    「自分が正しい、立派な女性である気持ちから、罪の泥沼に陥った人を軽蔑し、拒絶する心が生まれてきます」

    「他人を批判する時だけ自分が道徳家であるような種類の人間」自分もまた卑怯な人間であるのを怖れ。怖れるゆえに他人に投影して罵っている。

    「大人であるための一つの条件は自分に対するヤマシサというコンプレックスが脈拍のようにたえず、頭のどこかで働いていることを必要とする」

    監修者による、作家の晩年の様子について述べた後書きも泣かせる。

  • 遠藤周作氏自身の著書から抜いた名言集。
    この人の考え方が多くの点で一番しっくりくる。最後に長年交流のあったシスターによる遠藤氏の最期の話も深い。

全2件中 1 - 2件を表示

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

人生には何ひとつ無駄なものはない―幸せのための475の断章はこんな本です

ツイートする