五十からでも遅くない

著者 :
  • 海竜社
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759308549

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心が疲弊している時に読む本としては最適かと思います。
    他の本のように押しつけがましくなく、自然の流れ中で語りかけてきてくれるようでした。
    読んだ直後は覚えているものの、時間の経過と共にこの本で癒された事が頭の中から消えて行くのが残念です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

せとうち・じゃくちょう 1922年、徳島生まれ。東京女子大学卒。1957年に「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、1961年『田村俊子』で田村俊子賞、1963年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。1973年に平泉中尊寺で得度、法名寂聴となる(旧名晴美)。1992年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で芸術選奨、2001年『場所』で野間文芸賞、2011年『風景』で泉鏡花文学賞受賞。1998年『源氏物語』現代語訳を完訳。2006年に文化勲章を受章。他の著書に『釈迦』『死に支度』『わかれ』『求愛』『いのち』など多数。

「2018年 『花のいのち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬戸内寂聴の作品

ツイートする