マンガ相手の心を絶対につかまえる心理術ハイパー

著者 :
制作 : 山上 正月 
  • 海竜社
3.33
  • (2)
  • (5)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759309324

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゆうきゆうさんの過去作。
    現在のシリーズを漫画で読んでいる人は
    どこかで見たような気になってしまう。
    心理学に基づいたテクニックを独自に
    命名していてそこは面白い。
    ただタイトルの迫力には少しだけ劣る。

  • 読みやすかった。マンガでわかる~に続く流れが分かった。

  • ブルーセブン現象
    フォース
    二枚のジョーカー→どっち選んでもいいと言って置いて、どっちもジョーカー

    誰でもノーと言い難い質問者にイエスと言わせて、その後の展開をすべて認めさせる。

    謝罪のコツ
    まず謝る。アリア→謝る、理由、謝る
    もしくは褒める。例えば、クレームに対して、貴重なお話ありがとうございました。

    ほめ言葉
    自己確認→自分の知っている部分
    自己拡大→自分の知らない部分
    普段言われないこっちの方が嬉しく感じる。
    相手の内面を褒める。
    髪型→似合ってる
    アクセサリー→センスいいね
    バージンの注射

    過去との取引
    失敗談はそのまま伝えずプラスの今と結びつける

    笑顔とふつうの顔を三回繰り返す

    何事も自分で選択することで人生が充実。セレクト・セレブレート

    怒っている女性で相手に触れる場合は二の腕がよい。

    自分の感情に気づく
    →三つの選択肢を用意して、自分にイマの気持ちを問いかける。マインド・ヒーロー

    メールで強い気持ちを語り、実際会った時に本当だよ、と伝える。

    パレートの法則(ニッパチの法則)
    死ぬ間際になったら何をする?

    褒めるのは大事。相手の態度をいい方向に、関係も最良に。プレゼントプレイ。

    未知のものに対して、シミュレーション
    →重大事項の前に、こんなことが起こったらどうしよう、というシミュレーションをひとつイメージしておく。

    相手の本音
    →伝聞の形で。みんな、そう言ってますよ。

    無条件のストローク
    →がんばれと言わない。無条件で好意を伝える。無理しないでね。がんばりすぎないでね。大好き。いってらっしゃい。

    小さな行動で明日のヤル気を引き出す
    ツァイガルニック効果
    →人は未知、未完のモノや分野に強い興味を抱く
    寝る前のプラスの気持ちを小さな行動に込めておく。アンカリング。
    ひとつひとつの区切りの前に、次にやるべきことのうち小さなひとつを確実にやっておくこと。

    待ち合わせで待たされても、自分の用事をその時間にやることでイライラしない。

    赤は濃密、青は薄く
    →デートでは赤系の店がよい。時間を早く感じる。思ったより時間が経ってない。充実した時間を過ごした気持ちになる。
    青系は逆に遅く感じる。

    はっきりと結論を示すと相手はつい従ってしまう
    →X理論・Y理論
    X『人は基本的に誰かに従いたがるM』
    Y『人は本当は働きたい。自分の目標に向かって自ら進むことが好きなんだ。』『人は誰かに支配されず、自分の判断で能動的に動くS』

    結論の前に、だから、という接続詞をつけた方が、より説得の成功率は上がる。

    ベストな告白は三段階
    予感。言いにくいんだけど…
    告白。ストレートに。
    駄目押し。本当なんだ。

    選択に迷った時は、どちらでもいいから早く選んでしまう。大切なのは進める道を選ぶこと。
    目標に近づくことによって、その価値が少しずつ高まる。目標勾配仮説。

  • 漫画で説明されているので、わかりやすかった。

  • 2009/6/7購入

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

ゆうメンタルクリニック総院長。精神科医・心理研究家。『マンガで分かる心療内科』シリーズ(少年画報社)をはじめ著書多数。総発行部数は500万部を超える。

「2018年 『マンガ 敏感すぎて、「毎日がしんどい」を解決する5つのメンタル術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゆうきゆうの作品

ツイートする