日本の問題よくわからないまま社会人している人へ―ひとめでわかる図解入り

  • 99人登録
  • 3.66評価
    • (8)
    • (18)
    • (19)
    • (1)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 池上彰
  • 海竜社 (2006年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759309348

日本の問題よくわからないまま社会人している人へ―ひとめでわかる図解入りの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わかりやすいのは認めるが、すでに八年前、いささか情報が古く読み応えはなかった。とくに国内問題。

  • 10ヶ月たった今は、何が書いてあったのか、ほとんど覚えていない・・・。
    読書記録の大切さを改めて実感した。

    ただ、読んだときは、「なるほど~」と思ったことは覚えている。

  • 映像の多いニュースは原稿は少ないから情報量は少ない。
    尖閣諸島問題も台湾は中国のものという思想が基底にある。
    自信をもって、熱意をもって、相手の立場を想像して、相手のメリットを示す。

  • 尖閣問題は、石油が見つかったから発生。

  • 政治音痴の私に『おもしろい!』と感じさせてくれた奇跡の本です。
    池上彰さん、さすがです。
    今までテレビや新聞のニュースを見ても、予備知識のなさから理解できず、そのうち関心すらなくしてしまった、そんな様々な問題を、事の始めからていねいに、そして噛み砕いて、誰にでも(私のような政治に疎い人間にも)わかるように説明してくれています。医療制度、教育費国庫負担、領土問題、中東問題など、『そこが知りたかった!』ということに的を絞り解説してくれています。
    読み終わってニュースを見た時に、内容をすんなり理解できたことには、自分でも驚いてしまいました。
    2006年版で、少し古く感じる話題もあるので、次は少し新しいものを読んでみたいと思います。

  • 北方領土・竹島・尖閣諸島の領土問題、イスラエル・パレスチナ問題などの国際紛争について、これまでの経緯や争いの要点が良~くわかった。新聞読んだときの理解度が今までより高そうだぞ~。

  • オーディオブックにて.北方領土,竹島,尖閣諸島問題の歴史的背景,核開発についてなど主に国外との交流の話が非常に分かりやすかった.各問題は細かすぎた気がするが.

  • オーディオブック。わかりやすい。ただし、このシリーズのほかの本と比べると、オーディオブックには向いていなかったかも。リアル本買おうかな

  • 大変わかりやすく書かれていました!
    読み慣れないのでちょっと時間がかかりました…瞼が重くなったり。
    ええ歳してお恥ずかしい限りです…。

  • 世の中を知りたい。

全16件中 1 - 10件を表示

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三浦 しをん
デイル ドーテン
村上 春樹
スペンサー ジョ...
ロバート キヨサ...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の問題よくわからないまま社会人している人へ―ひとめでわかる図解入りはこんな本です

日本の問題よくわからないまま社会人している人へ―ひとめでわかる図解入りを本棚に登録しているひと

ツイートする