五十歳からの成熟した生き方―スピリチュアルな成長へのいざない

著者 :
  • 海竜社
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759309485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 流れに抗わず生きる

  • 土井利忠さま。

  • 天外さんは元ソニーでCDやロボット犬アイボを開発された方です。
    この本では
    『「人生の達人」は「大河の流れ」をみてそれに乗って身を任せる。』
    「努力することも、目標を持つことも、よくを持つことも、怖れもなくなる」
    というところがさすが天外さん!と思いました。

    インディアンの長老や仏教やインド哲学を例にこのことを説明されています。

    私も少しヨーガを学んでいますので
    『修行(生きることは)「真我」という本当の自分にまとわりついた
    ものを一つずつはいでいくこと』
    という言葉を思い出しました。

    さなぎがきれいな蝶になるように、本当に自分を花咲かせていくことが大切だなと思いました。
    このために必要なのが「大河の流れ」を読み取るということなのでしょう。
    けっしていいことだけではないようです。
    いかに自分で気付くかが大切のようです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1964 年、東京工業大学電子工学科卒業後、42 年間ソニーに勤務。CD、ワークステーション「NEWS」、犬型ロボット「AIBO」などの開発を主導した。上席常務を経て、ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所(株)所長兼社長などを歴任。現在、ホロトロピック・ネットワークを主宰、医療改革や教育改革に携わり、瞑想や断食を指導し、また「天外塾」という企業経営者のためのセミナーを開いている。
著書に、『日本列島祈りの旅1』(ナチュラルスピリット)、『創造力ゆたかな子を育てる』『無分別智医療の時代へ』(内外出版社)など多数。

「2018年 『幸福学×経営学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天外伺朗の作品

ツイートする