3週間続ければ一生が変わる〈Part2〉きょうからできる最良の実践法―最高の自分に変わる101の英知

制作 : Robin S. Sharma  北澤 和彦 
  • 海竜社 (2007年3月発売)
3.56
  • (27)
  • (32)
  • (59)
  • (8)
  • (3)
  • 本棚登録 :340
  • レビュー :43
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759309683

3週間続ければ一生が変わる〈Part2〉きょうからできる最良の実践法―最高の自分に変わる101の英知の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不安の原因は、管理、組織、準備、行動の欠如にある。

  • 増やしたい習慣について知りたくて読書。

    5時起きを再定着させようと思った。

    毎日、一定の考える時間を設ける。
    常に考える。
    丁寧に相手に敬意を持って接する。
    感情をコントロールするために言葉を変える。
    今、この瞬間に集中することを考える。

    「これが人生最後の夜だったら、わたしはどうすするだろう?」(p151~)
    スティーヴ・ジョブズ

    2月2日に読んだ『小さな偶然が幸運に変わるハッヒ゜ーシク゛ナル』(望月 俊孝)にも同じ言葉とエピソードの引用があったので驚く。何か暗示なんだろうか。

    ちなみに上記著書だと、
    「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいのだろうか?」

    読書時間:約1時間

  • 図書館で借りたのですが、この「パート2」の方が、一冊目の著書より先に読みました。1冊目が他に借りられていたためです。教訓がふんだんに盛り込まれていて、参考になります。

  • 今ひとつ実感が湧かなかった。 というのも、やはりアメリカでのポジティブの考えと日本のポジティブとは若干相違点があるのだろうか?

  • 小さく始め、長く続ける あなたを怒らせる人に感謝する 「考える時間」を持つ 「お願いします」を何度もいう 愛する人との時間をつくる 失敗を恐れない 尊敬する人物の本を読む 相手の名前を呼んで挨拶する 小さな達成感を楽しむ101リスト

  • 読み易く、常にポジティブな気持ちになれる。良い本だとおもう。

  • 1月?2月に東京に行った時に新幹線の中で読む本が欲しくて買った本

    この本のPart1もベストセラーになっておりますが、そちらは読んでません・・・
    何となく、訳された本って、外国の方が書いた本って、習慣が違うからか
    あんまりしっくりこないのよね・・・
    なるほどねって思うけど、試すには遠いって言うのかしらん(苦笑)

    気になったフレーズを・・・
    ・あなたが使うことばは、あなたが生きる人生に影響を与えます
    ・人生の最期になって神の前に立つとき、ひとかけの才能も残っておらず
     こういえるといいのですが。「あなたからいただいたものは、すべて使いはたしました」
    ・生きることをもっと楽しむ
    ・人間の生活には、しあわせな気分になれる秘密が必要なのです
    ・感情と理性の違いは、感情は行動の原因となるのに対して、理性は結論の原因となることです
    ・神は細部に宿る
    ・リーダーの最初の役割は、現実を明確にすることである。そして、最後の役割は
     「ありがとう」ということである

  • どのような行動でも3週間持続すれば、それはあなたの習慣となって、行動することが苦ではなくなるよって話。

    『ちっぽけに振る舞っている暇はない。』
    怖じ気づきながらでも向かっていけば、人生は大きなものになる。(自分にはムリだと思いこんで行動しなければ、自分の人生はそのラインから上にはあがらない)

  • 自己啓発とか読まない派

    けっこういらっしゃると思います。

    僕ももともとそうだったんですけど

    たくさんの書物を読むうちに、ライフスタイルの基本は「気持ち」だってことに気付かされたんです。

    特に「3週間続けば一生が変わる」

    このPart 2で特に肝に命じたものはP68 「山頂がどのように見えるかを明確にする」
    というところ

    当たり前のようで、言われないと実行できないことありますよね。

    一気に読む本ではないと思います。

    一日、1セクションずつ読んでいます。

    読み終えたら、また、繰り返すという使い方です

  • part1が良かったので、続けて読んでみた。
    比較してしまうと、part1の方が目からウロコが落ちる内容は多かったが、それでも示唆に富んだ内容で、読んでいていい刺激になった。

    気に入ったのは「スペースシャトルは地球の周囲をまわる全行程で消費するより、離昇後の最初の数分の方が燃料を使う」という記述。何かを始めるとき、最初の一歩に大きな壁を感じてしまうのは自分だけではないことを知り、少しだけ壁が乗り越えやすくなった気がする。

全43件中 1 - 10件を表示

ロビン・シャーマの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
デール カーネギ...
J・モーティマー...
フィリップ・マグ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

3週間続ければ一生が変わる〈Part2〉きょうからできる最良の実践法―最高の自分に変わる101の英知はこんな本です

3週間続ければ一生が変わる〈Part2〉きょうからできる最良の実践法―最高の自分に変わる101の英知を本棚に登録しているひと

ツイートする