料理をしない女 味がわからない男

著者 :
  • 海竜社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759311075

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実践してみる

  • 【No.105】「人間は、自分の頭でイメージできないものは現実化できない」

  • 食ということの大切さを教えてもらった1冊。
    表現的に古臭いような印象があったが、なぜ料理ができなければならないのか。そもそも料理ができるとは何なのかということに気づかされたように思った。
    第7章の締めがいまいちだったが、この本をきっかけに食や結婚というものについてちゃんとしたイメージを持とうと思った。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1932年、北海道北見市生まれ。東京農業大学、早稲田大学卒業。東京農業大学大学院博士後期課程終了。医学博士、農学博士。外資系企業の医療機器メーカー役員を経て、作家、栄養生化学者、健康科学者として活躍。長年にわたって抗老化(アンチエイジング)、心と体の制御関係について研究をすすめ、科学から捉えた人生100年時代の生き方論を提唱した。特に、大脳・自律神経系と人間の行動・言葉の関連性から導き出して提唱していた「口ぐせ理論」が話題を呼ぶ。全国各地で講演した「口ぐせ理論実践塾」セミナーは絶大な人気を誇り、全国で多数のファンを動員した。2012年没。

「2017年 『口ぐせ博士が教える 幸福をつかまえる考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤富雄の作品

ツイートする