政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ (増補改訂版)

著者 :
  • 海竜社
3.51
  • (15)
  • (32)
  • (37)
  • (6)
  • (4)
本棚登録 : 441
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759312140

作品紹介・あらすじ

「政治の話題、実はまったくわからない…」内心、このままじゃマズイと焦っているあなたへ。「政権交代?」「事業仕分けって、どんな政策?」「どうして日本の総理大臣はコロコロ変わるの?」「政治家と官僚って、どういう関係なの?」今さら人に聞けない素朴なギモンに、池上さんがやさしく解説。この1冊で政治への苦手意識が解消!政治に対する見方が変わる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • PDF
    政治

  • トイレに置いてあったので読んでみた。教科書的にうまくまとまっており、30分適度で読破できる。
    ところどころに池上氏のブラックな側面が垣間見れて意外に面白かった。

  • これから政治のニュースを見るのが楽しくなりそう。笑

  • 312.1-イケ  300253788

  • 配置場所:2F手動式書架
    請求記号:312.1||I 33
    資料ID:W0164933

  • 前半あまりにも基本的な内容でどうなるかと思ったけど、総じて、簡単に政治・日本の仕組みについて俯瞰できる良い本だった。
    やっぱり、政治家云々より、有権者の主体意識・政治家を有権者が育てる、といった姿勢が大切ということ。

  • 総理大臣の選挙権を年3000円で購入していない人は読む価値があります

  • 政治の基礎を分かりやすく説明した本。

  • 内容は入門編ですが、全くの政治音痴の私にとってはとても勉強になりました。

    広く浅く読み易く、また体型的に整理された内容のため、一回読んだだけでかなり頭に入りました。

    今までニュースの内容も正直よくわからなかったですが、この本のおかげで政治に興味が湧き、今では時間があれば国会中継も見るほどになりました。

    同様の方にはお勧めです。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ (増補改訂版)のその他の作品

池上彰の作品

政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ (増補改訂版)を本棚に登録しているひと

ツイートする