論語の読み方

著者 : 中野孝次
  • 海竜社 (2012年1月発売)
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759312263

作品紹介

「信頼される人間」とはどんな人を言うのか。人生の歩み方、社会人としての心の持ちよう、人間関係の最も大事なことがここにある。世の中をひろく体験した孔子の実践的な教訓。その教えを生涯にわたって生きる指針とした著者。両者の熱い思いが立ち上がってくる名解説・名エッセイ。

論語の読み方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 論語のいろんな解釈の中から、著者の好みの解釈を紹介している。純粋な論語紹介というよりは、著者が好きなものを中心に解説している。個性的なため、賛否両論わかれるところかな…。著者の孔子に対する熱い想いがひしひしと伝わってくる。

  • 他に求めるな、己に求めよ。これこそが、古今東西、今も昔も変わらぬ、ただ一つの真理だ 口下手でも実行力がある人が信頼できる人だ いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らん 真の知とは、この自分が全責任を負う覚悟で決定する判断の中でしかない

  • 100人の読み手がいれば、100通りの論語の読み方がある。
    論語は何度読んでも味わい深い。

全3件中 1 - 3件を表示

中野孝次の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする