こんな時代に会社を伸ばすたった一つの法則

著者 :
  • 海竜社
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759312577

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不透明な時代。自分も個人事務所を経営する者として、指針とすべく手に取り読み始めました。

    生き残る会社は、決して「売り上げ・利益」を目的にはせずに、”お客様第一”を徹底し、「お客様の利益に貢献するような商品やサービスを開発して質を高め、社会の発展に寄与していく。」ことを目的に置いて、事業活動を行っています。

    とかく人間は弱い生き物ですから、仕事で利益が上がるようになってくると、謙虚さを忘れて”傲慢”になり、更なる利益追求に走りがちになってしまいます。その結果が、高級車や高級品を買い求めたり、贅沢な生活へと繋がってしまいます。

    著者の経営コンサルタント・小宮先生が尊敬している、松下幸之助さんは、生涯を通じて自分自身に「素直さ」を求め続けていたそうです。

    自分の中に、”驕り高ぶるを気持ち”を生じさせずに、いつまでも謙虚さを忘れず、”生涯学び続ける”姿勢を保ち続けて行く為にも、自ら「人生観や人間観」について積極的に学び人格の形成を図っていくことが、良質な経営をする経営者の資質として不可欠なことであると、本書は教えてくれます。

  • 小宮さんの本は何冊も読んだが、いつもながら原理原則に基づいたためになる内容でした。
    よい仕事とは何か、どうして経営者はその原則から外れていくのか、その事を知るたけでもぜんぜん違うと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

経営コンサルタント、小宮コンサルツ代表取締役会長

「2018年 『図解「PERって何?」という人のための投資指標の教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小宮一慶の作品

ツイートする