日本人にとって天皇とは何か

著者 :
  • 海竜社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759313567

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんとか読み終えました。
    最近鬼籍に入られて今更ながら古書にあたってます。
    この当時の旧制高校出のレベルはスゴイですよね。
    数学のこと、デカルト座標の捉え方とかものすごく参考になると思います。
    文理を問わず優秀な方でならこういうことも出来るのだと。
    比喩や表現の仕方が上手なんだろうと思います。人に物事を教えるのが上手いというか。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

三浦朱門(みうら・しゅもん)1926年、東京生まれ。作家。東京大学文学部言語学科卒業。50年、同人誌『新思潮』に加わり作家活動に入る。52年、「斧と馬丁」が芥川賞候補となる。同年、日大芸術学部の助教授に就任。67年、『箱庭』で新潮文学賞受賞。70年、ローマ法王庁よりヴァチカン聖シルベスト勲章受章。83年、芸術選奨文部大臣賞受賞。85年4月~86年まで文化庁長官。99年、文化功労者。04年~14年まで日本藝術院院長。著書に『老年の品格』『老年力』『人生は五十歳から』等多数。

「2016年 『夫婦のルール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦朱門の作品

ツイートする