50歳からのおしゃれ暮らし

著者 :
  • 海竜社
3.47
  • (2)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759313673

作品紹介・あらすじ

家具や食器、ファブリックと長く上手につきあう…。ものと一緒に歳月を生きる心地よい暮らしのヒント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アルファベットがAからZまで引き出しについているチェスト。かわいい、すべての引き出しに当てはまるモノを収納できないかもしれないけど。
    現物を見て買う、それが失敗しないコツ。
    都会だったらそれもありだけど、田舎だったり、時間的に無理だったり…イメージ通りのものが見つからなかったら消えモノ、パンとかお菓子買って帰る!

  • 2014年9月

  • ヤケ買いをしないように、とのこと。
    ヤケ買いしたものは後々始末に困ることが多いから、って。
    どうしても何か買わずにはいられないときには、消えモノにしましょう。普段では買わないお取り寄せスイーツのような。スイーツもだめならオリーブオイルとかの調味料。それか、花。
    ああ、なるほどな、と思ったこと。

  • きっちり整理整頓する本が多い中、物が迷子にならなければ、OK程度の収納は良い!
    キッパリ言われて、気が楽になった!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

エッセイスト・イラストレーター。
1953年、群馬県生まれ。女子美術大学、セツモードセミナー卒。別居婚をしながら群馬県立女子高校の美術教師を勤めた後、37歳で退職、長年の夢だったイラストレーターとしての活動を始める。42歳で、2児の母でありながら自身の夢をかなえてきた経験を綴った『「夢ノート」のつくりかた』を大和出版より上梓し、ベストセラーに。以来エッセイストとしても活躍を続けている。夢実現のヒントをはじめ、心地よい暮らしのための提案や、独自の視点から名画の魅力を紹介するなど幅広いジャンルの本を著し、多くの女性から熱烈な支持を集めている。最近では、50歳代の女性に向けたイラストエッセイが好評。
著書 『書きこみ式いいこと日記 』(マガジンハウス)『今日からできる なりたい自分になる100の方法』(幻冬舎)ほか多数。

「2018年 『もういちど夢をかなえるヒント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中山庸子の作品

ツイートする