言いたいことが一度で伝わる論理的日本語

著者 :
  • 海竜社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759314656

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 彼の本の本質はどんな本も基本は変わっていないので、題名を見て内容を想像しやすい。
    しかし必ず新しい発見があるのが不思議だ。

    主語と目的語を入れる、主語と述語を近づけるなど、わかっていても普段できていないように感じることも書かれているので、振り返りとしても非常に有効だと感じた。

    今すぐ始めたい論理的日本語のスキルアップ法
    ・主語と目的語を入れて話す
    ・主語と述語をなるべく近づける
    ・文章を区切って、大事な事から話す
    ・頻度のグレードを使い分ける
    ・三島由紀夫を音読する
    ・外来語を使いこなす
    ・事実と非事実を分ける
    ・漢字熟語に強くなる

    さらに磨きをかける論理的日本語力のコツ
    ・分類クセをつける
    ・日常会話で「論理的相槌」をうつ
    ・名言の具体的を15秒で言う
    ・デカルト的に思考を整理する
    ・事実を全部書き出す
    ・数字記号で表現する
    ・図を書きながら頭を整理する
    ・15秒感覚を身に着け、1分で話をまとめる

  • 読みやすい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

齋藤孝の作品

ツイートする