13歳からの仏教塾

著者 :
  • 海竜社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759314748

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  いつの世代に仏教というものが必要になるのか気になる点がいくつもある。

     今の世の中に生きる者にとって必要なことの数々も仏教というものが土台になっている。だがらといって仏教一辺倒になっても良くない。

     そのバランス感が今の宗教界には必要だと感じる。
     果たしてこの本は若年層の宗教勧誘ととらえることは可能か。

  • 若い子に読んでほしい

  • 良い本ですが、タイトルが良くない。13歳で仏教に興味を持つ人がどれだけいるでしょう。特に前半、若い世代が思い悩むであろう疑問へ仏教の思想を用いて返答していく部分は、とても良いのですが、このタイトルでは読まれにくいのではと思います。また後半は仏教について、お坊さんの生活について、葬式や法事などへの、今更聞けない疑問に答えていきます。これらは身内の法事が増え始める大人の年代にこそ求められる内容ですが、やはりタイトルに限定されて、大人の読者を得るのは難しい。内容は良いだけに残念感があります。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

臨済宗国泰寺派全生庵住職。1967年東京生まれ。学習院大学を卒業後、2001年まで11年間、静岡県三島市龍澤寺専門道場で修行。03年、山岡鉄舟の創建した全生庵第七世住職に就任。同寺は、安倍晋三首相や中曽根康弘元首相など政財界人が多く参禅することでも知られる。16年より日本大学客員教授。寺の内外で坐禅会や企業研修、講演会など布教にも努めている。

「2018年 『「安心」を得る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平井正修の作品

ツイートする