極上の人生―人生を楽しむ四つの美学

著者 :
  • 海竜社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759315424

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1章 ただ、一心にー無心の美学(「ア・ク・イ」を捨て、一心に/貧乏したけりゃあ、腕をみがけ ほか)/2章 今を楽しんでーゆとりの美学(始めるなら七十五歳から/力を抜いて ほか)/3章 のんびり、ぶらぶらとー懶さの美学(ぼんやりのすすめ/懶惰に生きる ほか)/4章 全身で命を感じるー隠りの美学(森に隠る/森に住む ほか)
    「アクセク .クヨクヨ .イライラ」生活から、心ゆたかな生き方へ‼️

  • 人生を楽しむ4つの美学。①ただ一心に無心の美学。「今、ここで、この瞬間を大切に生きる」②今を楽しむゆとりの美学。スポーツの世界では「頑張れ」よりも「エンジョイ」「リラックス」の方がずっとご利益がある。肩の「力を抜く」ことの大切さ。③のんびりぶらぶら懶さの美学。自然の緑の中でぼんやりする。次第に心の奥底で寝込んでいた生命力が目覚めてくる。 ④全身で命を感じる隠りの美学。森に隠り、静謐を味わうと生気が蘇ってくる。

  • 天声人語を書いていた人らしく読みやすく綺麗な文章だったが、取り上げている内容が時代遅れというか10年前の最先端と言うか…ちょっと違和感がありました。

全2件中 1 - 2件を表示

辰濃和男の作品

極上の人生―人生を楽しむ四つの美学を本棚に登録しているひと

ツイートする
×