モナ・リザと数学-ダ・ヴィンチの芸術と科学

  • 23人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 高木 隆司 
  • 化学同人 (2006年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759810585

モナ・リザと数学-ダ・ヴィンチの芸術と科学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レオナルドダヴィンチに憧れて読んだ一冊です。しかし、肝心の「モナリザ」やそれに対する「数学」的手法を筆者独自の視点でまとめた、というよりは、数学史、芸術史、科学史のまとめに過ぎないように感じました。読者の期待を裏切らない構成にするために、ビュータント・アータレイ氏の見解をまとめた項があるといいのになあ。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA76819902

  • タイトルにあるものの、あまりモナリザには触れておらず、ちょっと期待はずれ。ただ、後半の科学史まとめは、素人の私には興味深かった。
    ジャンルに囚われない幅広い好奇心と知識が新しい物を生み出していくのは、科学や芸術に限らずどんな仕事でもそうだと思う。

  • 2011年はじめの日比谷公園でのダヴィンチ展の種本だろうか。
    ダヴィンチの業績を、美術だけでなく技術の視点からも網羅的に紹介している。
    ダヴィンチ以外の科学者への浮気が少し多いのが惜しい。
    少し礼賛が過ぎる印象も。

全5件中 1 - 5件を表示

モナ・リザと数学-ダ・ヴィンチの芸術と科学はこんな本です

ツイートする