人類はどこから来て,どこへ行くのか

制作 : Edward O. Wilson  斉藤 隆央 
  • 化学同人
4.13
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :118
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759815641

作品紹介・あらすじ

大きな反響を呼んだ『社会生物学』の刊行から約40年,著名な生物学者であるE. O. ウィルソンが,自らの研究と思想をまとめた総決算の書.アリの社会性を糸口に,人間社会に見られる高度な協力がいかに進化してきたかを明らかにする.自然人類学,社会心理学,歴史学,考古学,脳科学,生態学などの知見を駆使して,われわれの来し方行く末を追う.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は、序文のゴーギャン『我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか』についての考察で始まる。そして、この絵に描かれているのは答えではない、問いなのである」で序文を終える。超クール。その問い掛けの著者からの回答は最終章にあるのだけど、これがまた素晴らしい。

    本書はハキリアリなどの生き物たちの社会性を詳細に描きつつ、常に人間社会を視覚の端で捉えている。それらを意識せずにいられないように書かれていると言ってもよい。難易度は各章でばらつきはあるものの、おおむね平らな道が続く感じ。6つの大きな章の中で興味のある章をいくつか読むだけでも、十分に自分の考え方が大きく変わったと思う。

    我々が何者なのかというと、我々は社会性のある生物である。そしてどこから来て、どこへ行くのか?かというと、つまりは「社会性とは何か、その社会性はどのように今後進化していくのか?」という問い掛けへの回答である。進化の予測は不可能であるので、当然ながら予測できないが、昆虫は人間以上に社会性を獲得しているという捉え方から、その先を少し知ることができる。ただ、それでゴーギャンや我々の苦悩が昇華されることはない。本書にあるとおり、我々は石器時代からの感情と、中世からの社会システムと、神のごときテクノロジーをもつ、いわば『スターウォーズ』の文明を作り上げてきた。人はいま、あがき苦しんでいるのだから。

  • 複雑な文化の敷居へと導いた原動力はなんだったのか?それはグループ選択だったようだ競合するグループの行動を予測しながらメンバーが仲間内で意図を読んで協力できるようなグループは、そこまでその能力がないグループよりはるかに有利だっただろう。グループのメンバー間でも競合があったのは間違いなく、それはある個体を他より有利にするような形質の自然選択をもたらしたはずだった。しかし新しい環境へ進出して強力なライバルと張り合う種にとって、もっと重要なのはグループ内の結束や協力だった。

    社会の複雑性が増すにつれて社会の安定を維持する神の責任もました。神の代理人である人間の聖職者がそれをトップダウン式の政治的支配によって成し遂げた。政治的軍事的宗教的な指導者が協力してこの目的を遂行した時、教義は伝統的で揺るぎないものとなった。政治革命が起こって成功すると宗教指導者は状況に合わせるすべを大抵見出した。多くの場合、反乱者側について古い体制の教義を軟化させた。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784759815641

  • ゴーギャンの大作かつ傑作「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行く」への答えを求めて書かれた本。
    人類の出アフリカ以前からの歴史、昆虫などに稀にある「新社会性」、自然選択(淘汰)、人間の本性など多岐にわたる深い内容。
    この分野の本をまだまだ読まねば...

  • 和図書 481.7/W75
    資料ID 2013103505

全7件中 1 - 7件を表示

エドワード・O.ウィルソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
スティーヴン・D...
シーナ・アイエン...
エリック・ブリニ...
ジャレド・ダイア...
リチャード・ドー...
スティーブン・ピ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人類はどこから来て,どこへ行くのかを本棚に登録しているひと

ツイートする