地球温暖化論争: 標的にされたホッケースティック曲線

制作 : Michael E. Mann  藤倉 良  桂井 太郎 
  • 化学同人
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759815764

作品紹介・あらすじ

20世紀以降の急激な気温上昇を表すホッケースティック曲線.その論文の筆頭著者で,人為的温暖化を否定する人々の攻撃の矢面に立ってきた,気候科学者による告白の書.懐疑論者の主張がいかに科学的に間違っているか,彼らを後押しする石油資本や政治家の存在が露わになる.アメリカの「気候戦争」の実態を知った今,それでも温暖化懐疑論を信じますか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 温暖化論争の裏を丁寧に描いた本。あまり報道されていなかったけど、クライメートゲート事件とホッケースティック曲線は覚えているわ。温暖化反対論者からの攻撃の執拗さたるや。。。ネットとかに出回っている情報を鵜呑みにすることの怖さがわかります。

    続きはこちら。
    https://flying-bookjunkie.blogspot.jp/2018/03/blog-post.html

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:451.85//Ma45

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする