サイバーリスクの脅威に備える: 私たちに求められるセキュリティ三原則 (DOJIN選書)

著者 :
  • 化学同人
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759816686

作品紹介・あらすじ

IT技術の進歩は生活の利便性を高めたが,サイバー攻撃によるインシデントは後を絶たず,日々の生活は,多かれ少なかれサイバーリスクの脅威にさらされている.私たちは,サイバーセキュリティをめぐる問題にどう向き合い,安全・安心を確保するためにどう行動すればよいのだろうか.本書では,サイバー空間を安全に利用するための要素技術や,安心して利用するための取り組み方などを丁寧に解説.さらに,専門家と一般ユーザが協働して攻撃者に対抗する「防御者革命」というコンセプトにもとづき,安全・安心をいかに実現するかを考える.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 妙に詳細なところと一般論とのバランスがあまりよくないと感じた。構成の見通しが悪いのかな? だいぶ読みにくい…

  • 160611 中央図書館
    暗号技術のあれやこれやを説明するのではない。セキュリティを得るために必要な考え方の根本を、概念的に整理してくれる、情報工学の副読本のような感じ。

  • 請求記号 007.6/Ma 89

  • ユーザーが自助努力でレジリエンスを達成するために効果的なことは基本の徹底。基本の徹底、複数の重要なシステムで同じPWを使わないとか、PWを人に教えないとか。

  • 2016年1月新着

全5件中 1 - 5件を表示

松浦幹太の作品

ツイートする