音楽療法はどれだけ有効か―科学的根拠を検証する (DOJIN選書)

著者 :
  • 化学同人
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759816747

作品紹介・あらすじ

近年,非薬物療法の一つとして「音楽療法」への注目が高まっている.音楽のもつ,心理的・社会的・生理的な効果を応用して医療へと役立てる方法である.しかしその効果を誰もが納得できるために十分な,「科学的なエビデンス」が確立されているわけではない.本書では,世界中で研究が続く音楽療法について,とくに効果の高い,認知症やパーキンソン病,失語症などへの対応の状況を紹介しながら,医療の現場でも広く受け入れられる音楽療法のあり方を考える.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  音楽で酒の熟成が深まり、そのジャンルで植物の生育が変わる話ではない。
     脳卒中など、脳の器質的な障害によって生じる麻痺や失語、認知症やパーキンソン病の治療に、音楽が有効なのかを科学的に検証する。
     常にエビデンスの確立を念頭に置き、治療が受け入れられるための要件、脳画像診断や、WAB失語症検査などのていねいな手法の説明も交える。
     今後は精神疾患、鎮痛なども視野に入れつつ、現時点で内分泌系、免疫系への有効性は未だ仮説の域とする。
     グラフや画像も引用して多様な研究例を示しながら、患者に寄り添うという医療の本質を忘れず、音楽療法の発展を目指すという、読み応えのある一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

佐藤正之の作品

音楽療法はどれだけ有効か―科学的根拠を検証する (DOJIN選書)はこんな本です

ツイートする