からだのしくみがまるごとわかる 人体シアターへようこそ!

制作 : 仁木 めぐみ 
  • 化学同人
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759818253

作品紹介・あらすじ

ようこそ,人体シアターへ! 今日の案内役の「ガイコツ」は,舞台でからだのことを説明するために,なにやら工夫をこらしているようす.
こんなこと,考えたことない? 食べ物がからだを通ってトイレに出てくるまで,どんなことが起こっているの? おならやゲップが出るのはなんでだろう? からだは病気をどんなふうにやっつけてるの?
そんな疑問を全部,ガイコツに教えてもらおう!
さあ,楽しいショーのはじまりです!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人体の構造と働きをオールカラーの漫画で説明する本。
    小学生でも読めそう。ただ、アメリカの本を訳しただけなので、「こむら返り」の説明のところで語り手のガイコツが馬に乗っていたり(アメリカではこむら返りをCharley horseと言うからだと思われる)するが、なんの解説もない。胃で食物が「びじゅく」になるとあるが、私は「びじゅく」って知らなかった。調べたら「糜粥」という字で、字面を見ればなるほどとわかるが、平仮名だけでは意味不明。もちろん子どもは漢字があっても意味不明なんだから、やはりちょっと説明が欲しいところ。
    カルシウムは「乳製品やブロッコリーや栄養強化ジュースにふくまれている」という説明もアメリカンだ。日本なら乳製品、小魚、小松菜となり、間違っても栄養強化ジュースはない。好き嫌いが分かれる食物の例にグリーンオリーブや芽キャベツが出てくるところなんかも。
    しかし、オノマトペも英語のままなので、腹痛のときお腹が鳴る音がgurgleなんてのは面白い。
    異文化も楽しめるということで、まあいいか。

  • 漫画で説明されているので分かりやすかった。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

からだのしくみがまるごとわかる 人体シアターへようこそ!はこんな本です

からだのしくみがまるごとわかる 人体シアターへようこそ!を本棚に登録しているひと

ツイートする