星屑から生まれた世界 進化と元素をめぐる生命38億年史

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 :    渡辺 正 
  • 化学同人 (2017年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759819519

作品紹介

かのグールドは偶然性にとらわれ,生命のテープを再生しても人類(ホモ・サピエンス)が現れる可能性はゼロに近いとみた.けれど著者は,生物が使える元素は地球の地質史が決めたため,何度テープを再生しても,進化はほぼ同じ道をたどると主張する.多様な分野の視点と先人の研究を踏まえれば,地球に生命が生まれ,体内のしくみを洗練してきた道筋の理解には,化学の原理つまり元素(エレメント)と周期表がカギだと解く――さまざまな要素(エレメント)が交錯する壮大な進化の物語が,謎解きのような面白さで描かれる.

星屑から生まれた世界 進化と元素をめぐる生命38億年史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号 461/Ma 15

  • 化学から解説した生物史。とても良い本だと思うのだが、元素記号がたっぷりで私にはレベルが高い。ジョークもまじえ分かりやすく書いてくれてることも感じるがそれでも難しい。流し読みでアウトラインをよんだ。結論、生命の誕生は多少のブレがあっても充分な科学根拠の元にあり、時計を巻き戻して再生しても、同じような生命が発生する可能性が高い。という理解で正しい。。。かな

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

星屑から生まれた世界 進化と元素をめぐる生命38億年史はこんな本です

星屑から生まれた世界 進化と元素をめぐる生命38億年史を本棚に登録しているひと

ツイートする