人体、なんでそうなった?:余分な骨、使えない遺伝子、あえて危険を冒す脳

著者 :
制作 : 久保 美代子 
  • 化学同人
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759820102

作品紹介・あらすじ

人間の体には驚異的な複雑性や無数の細胞が備わっている一方で,多くの欠点が残されたまま進化している点を指摘する本.具体的には,網膜は後方を向いている,尻尾の痕跡が残されたままになっている,手首の骨の数が多すぎる,リンパ節自体は人体の健康維持に何の役にも立っていない,脳は人間の意識をだましたり偏見をもたらす傾向がある,人間は他の動物と異なり自分で必要なビタミンや栄養素を作り出すことができないなど.精巧で緻密な神秘性が強調されることの多い人体だが,その進化は実は突然変異によるマイナーチェンジを修正しながら行われてきた.本書では,人体が完成とは程遠いままになっている事実を明らかにする.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号 491.3/L 54

  • 精巧な人体の素晴らしさではなく、人体の欠陥について書かれた本。内容も興味深いし、軽快な書きっぷりに惹き込まれる。不完全な自分達人間が微笑ましく感じた。

全3件中 1 - 3件を表示

人体、なんでそうなった?:余分な骨、使えない遺伝子、あえて危険を冒す脳のその他の作品

Nathan Lentsの作品

ツイートする