この旅には終りはない―ジャズ・エッセイ (Oak books)

著者 : 間章
  • 柏書房 (1992年10月発売)
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760108848

この旅には終りはない―ジャズ・エッセイ (Oak books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 70年代に活動した音楽評論家、間章氏のジャズエッセイ。
    本書はスティーヴ・レイシー、ミルフォード・グレイヴス、デレク・ベイリーとうい三人のミュージシャンとの対談や、作者が彼らを日本に招聘してコンサートやワークショップを行った時のエピソードを中心に構成されている。

    70年代特有の精神論や思想論的な音楽評論や文学的な語調はついていけない部分が多いのだけど、登場するミュージシャンの率直な意見、なかでもドラマーのミルフォード・グレイブスのワークショップは興味深かった。

    ダイナミクスは強弱ではなく音色とニュアンでコントロールすること、
    心臓の拍動は拡大と収縮、そして休符の三拍子でできている、
    4ビートではなく3と12のリズムを重視すること、
    等など。
    そして印象深かったのは、スポンティニアスな姿勢の重要さを繰り返しといている点だ。
    (アフリカ音楽の精神性を重視するあまり、コマーシャルな音楽、とりわけマックス・ローチへの批判は辛らつで独善的とも受け取られかねないけど、それは彼が力強い意思を持って自由な表現を志向しているからなのだろう)


    デレク・ベイリーに関する数少ない日本語の文献としても興味深い。
    レイシーやグレイブスについては親密感を感じさせる語調なのだけど、ベイリーに関しては一歩退いた不可知の者を扱うかのような語調になっている点は面白いと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

間章の作品

この旅には終りはない―ジャズ・エッセイ (Oak books)はこんな本です

ツイートする