武器としての宣伝 (パルマケイア叢書)

制作 : Willi Muenzenberg  星乃 治彦 
  • 柏書房 (1995年3月1日発売)
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760111404

作品紹介

ヒトラー宣伝の神話に挑む大戦前夜の理論的抵抗。ワイマール期労働者文化運動の指導社《赤いゲッベルス》が残した歴史的名著。その透徹した批判は、大衆宣伝の魔術が生きる我が世紀末にも谺する。

武器としての宣伝 (パルマケイア叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヒトラーは宣伝家である。
    宣伝とは頭に浮かべる理想を達成しようとする全ての欲求になべて向けらえれる。
    ヒトラーが狙ったには、物事を単純化させ、極めて素朴なイメージを持ちながら、熱狂して登壇するようになった。
    ヒトラーが要求するのは、常に同じ考えを絶え間なく繰り返すことだ。たとえそれが嘘だったとしても、小さな嘘は疑わしいと思っても、ヒトラーが言うような途方もない嘘をつくことは誰にも出k内と思っているので、人はむしろ信じるのだ。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

武器としての宣伝 (パルマケイア叢書)はこんな本です

武器としての宣伝 (パルマケイア叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする