神の歴史―ユダヤ・キリスト・イスラーム教全史 (ポテンティア叢書)

制作 : Karen Armstrong  高尾 利数 
  • 柏書房
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (579ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760111466

作品紹介・あらすじ

世界宗教として、君臨するキリスト教とイスラーム。迫害と離散の歴史に彩られ、誰もが注目するユダヤ教。これら中東に源を発する宗教の変遷を「一神教」史として説き起こす英米のベストセラー。仏教、ヒンドゥー教、ギリシア・近代哲学を巧みに媒介しながら、真理の歴史性と唯一神の変遷を綴る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ユダヤ教・キリスト教・イスラームの神観念を、必要に応じてヒンドゥー教・仏教などと比較しながら、古代から現代まで辿る。
    人は神について、神の存在証明など根本的な部分で、非常に些細な差とも見える違いを徹底的に強調し主張しあう。神の歴史とは「神とは何か」の歴史である。特に欧州における啓蒙主義より前の、古代から中世において、「神は存在していないとは言えない」という言い回しが、神は理解出来ない・想像出来ない・表現できない・人の理解している範囲において存在していない、「無」をも超越した存在であることを端的に示している。
    中世までの記述と比べて、啓蒙主義以降の近現代に関しての記述はやや曖昧な感想を持った。ここでは科学に駆逐されつつある神の姿が描かれる。現代人の手は神に届きそうな所まで伸び、利益なき神を抹殺しようとしている。
    「人間にとって神とは何か」という問いを考える際に参考になる。ただしページ数も多く、内容も多岐に渡っていて簡単に読める本ではない。私自身も十分に咀嚼できたとは言えない。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    世界宗教として、君臨するキリスト教とイスラーム。迫害と離散の歴史に彩られ、誰もが注目するユダヤ教。これら中東に源を発する宗教の変遷を「一神教」史として説き起こす英米のベストセラー。仏教、ヒンドゥー教、ギリシア・近代哲学を巧みに媒介しながら、真理の歴史性と唯一神の変遷を綴る。


    内容(「MARC」データベースより)
    世界宗教として君臨するキリスト教とイスラム教。迫害と離散の歴史に彩られるユダヤ教。これら中東に発する宗教の変遷を「一神教」史として説き起こし、人間が築いた壮大な物語の深層に迫る。
    目次
    序論
    Ⅰ 太初に…
    Ⅱ ひとりの神
    Ⅲ 異邦人への光
    Ⅳ 三位一体 キリスト教の神
    Ⅴ 統一 イスラームの神
    Ⅵ 哲学者の神
    Ⅶ 神秘主義者の神
    Ⅷ 改革者にとっての神
    Ⅸ 啓蒙主義
    Ⅹ 神の死?
    Ⅺ 神に未来はあるか?

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(1944~)英国の宗教学者であり、ジャーナリストで、元カトリック修道女という異色の経歴を持つ。オックスフォード大学卒。ユダヤ教、キリスト教、イスラーム教という同根の一神教の歴史を斬新な切り口で辿った『神の歴史』(柏書房)は、世界的なベストセラーとなった。Muhammad: Legacy of a Prophet(米PBS, 2002)など、多くのテレビ番組の制作にかかわり、プレゼンター、コメンテーターとしての出演も多数ある。

「2016年 『ムハンマド──世界を変えた預言者の生涯』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カレン・アームストロングの作品

ツイートする