テオゾフィー 神智学

制作 : Rudolf Steiner  松浦 賢 
  • 柏書房
3.71
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760119936

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読中。

  • 私が持っているのは鈴木一博さんと、高橋巌さん訳の「テオゾフィー」「神智学」の2冊。

    この本は持っていません。

  • 体・魂・霊という表現が適切なのかどうか判断できないが、(その分類を前提としても)霊と思考の関係についての説明は傾聴に値すると認識できる。読みやすいように翻訳しているから、小難しく翻訳したものより御利益?が少ないと考えている人もいるのだろうが、単なるアカデミズムに対する迎合や媚び諂い、あるいは他の学問への(特に理数系への!)コンプレックスのあらわれだろう。もちろん読みやすいからといって、理解が容易になるわけではない。表現が冗長になることもあるだろう。とはいうものの苦行が好きな人がいてもいいとは思うけどね。

  • 挫折した…のでもう一度後でトライ

  • 分り易いんだけど、甘い感じが否めない。訳の人が悪い。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ルドルフ・シュタイナー(1861-1925)
哲学博士。オーストリア生まれ。ウイーン工科大学で、自然科学・数学・哲学を学ぶ。ゲーテ研究家・著述家・文芸雑誌編集者として世紀末のウィーン・ワイマール・ベルリンで活躍。帝政ロシア生まれのエレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー創唱になる神智学協会のドイツ支部事務総長就任後、袂を分かち、人智学=アントロポゾフィーを樹立。スイス・バーゼル近郊ドルナッハに自身設計した劇場と大学を含む「ゲーテアヌム」を建設し、普遍アントロポゾフィー協会(一般人智学協会)本部とした。

「2017年 『自由の哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルドルフ・シュタイナーの作品

ツイートする