読書へのアニマシオン―75の作戦

制作 : 新田 恵子  Maria Montserrat Sarto  Carmen Ondosabar  宇野 和美 
  • 柏書房
3.25
  • (2)
  • (2)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760120307

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書について
    楽しみを知るための問題提起
    皆で分け合うための方法論
    学校が対象のようである
    個人としての楽しみではなく
    読書が楽しめる子供達を作るというもの

  • 訳がまずいのか、内容自体がそうなのかわからないけれど、分厚い割には興味を惹くものがなく、得るものがありませんでした (_"_)

  • スペインのモンセラ・サルトが提唱したアニマシオン。より深い読書、理解しながら読む力をつけるために、アニマドールがいろいろな作戦をたてます。
    「読みちがえた読み聞かせ」をしてダウトを探させたり。
    「コレ誰のもの」と、絵本を読みきかせした後、小物の絵を見せて、登場人物の誰のものかをあてさせたり。
    「いつ、どこで?」
    「何を言いたいの?」
    などなど、75の作戦集。ともすればゲームのようだと思われがちなアニマシオン。

    この本だと、ちょっと堅く、勉強の試しのようでもある。

  • 具体例が少ないので、経験者にお願いして実際に体験してみないと理解できないのが難。

    偉そうな訳文がおもしろい。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする