真性活字中毒者読本―版面考証/活字書体史遊覧

  • 柏書房 (2001年9月発売)
3.89
  • (4)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 30人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (395ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760121465

作品紹介

活字はなぜこれほどに人の心をとらえるのか。活字書体を二百数十頁にのぼる垂涎の図版で遊覧。

真性活字中毒者読本―版面考証/活字書体史遊覧の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 忙しいときには疲れたと不満をもらし、予定がないときには暇だというんだから、人間はあまりにも身勝手だ。

  • 「活字中毒」とは『小説が好きな人』という風に最近はとらえられますが、これは活字自体が大好きな人々。
    皆さんがなにげなく見ている活字にまつわるドラマはすごいです。
    印刷に携わる人には眺めているだけでもたまらん本です。

全2件中 1 - 2件を表示

小宮山博史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レーモン クノー
ウォルター・J....
有効な右矢印 無効な右矢印

真性活字中毒者読本―版面考証/活字書体史遊覧はこんな本です

ツイートする