おさらい古文書の基礎―文例と語彙 (シリーズ日本人の手習い)

  • 36人登録
  • 4.13評価
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 林 英夫 
  • 柏書房 (2002年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760122004

作品紹介

文章と言葉に慣れることからはじめて、古文書解読を体系的に習得できるように編集。

おさらい古文書の基礎―文例と語彙 (シリーズ日本人の手習い)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古文書、候文を読んでみたいと思い、例文が多いことからまずこの本を選びました。
    何が書いてあるのかという解読、どういう意味なのかという訓読があると思いますが、この本は前者です。品詞別、文字別に多様なくずしの例を挙げながら説明してあります。解読文を見ながらですとなるほどと思いますが、自力ではかなり難しいでしょう。本のせいではなく当方の力のなさ故ですけど。ただどういう文脈で出てきた文章なのか分かればもっとよかったでしょうか。
    繰り返し読みたいですね。その先に訓読かあ……道はまだまだ遠いようです。

  • o

  • 古文書を声に出して読みたい!
    まず…古文書の文字がわかるようになりたい!!

    そんなお声にお応えしておさらい編も入れてみました。

    ぜひぜひ活用してください。

  • おさらいおさらい。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

おさらい古文書の基礎―文例と語彙 (シリーズ日本人の手習い)はこんな本です

ツイートする