はじめてのデモクラシー講義

著者 :
  • 柏書房
3.14
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 26
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760124060

作品紹介・あらすじ

こんな教科書が欲しかった!いまどきの学生への「伝えかた」に日々悩む政治学徒・岡田。そんな彼が試行錯誤の末に編み出した、新しいミンシュシュギ入門講義。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大学の講義内容という形で1~12講がまとめられている。実際の講義であれば面白い話かも知れないが、一冊の本としての構成力は弱いように思う。

  • 仕事上、市民という言葉を、自分なりに捉えなおさねば、と考えていた時に目に入った一冊。とても分かりやすく、大まかな流れが腹に落ちた感じです。
    学生の時に勉強していれば、、とも勿論思いますが、あの時点で現在のような問題意識を持つことは自分に難しかったと残念ながら改めて思いました。

  • 直接的な資料ではないかもしれませんが、民主主義を根本から問い直し、近代~現代に沿って変遷していく様子を書いた本なので紹介。
    民主主義ってなに?と聞かれたとき、自分なりに説明できる方も多いと思いますが、国によってその捉え方が違うことを見落としがちではないでしょうか。
    砕けたようなまえがきの文章から「苦手かも」と感じる方もいるかもしれません。しかし、初心者の大学生に向けた本でもあり、頭にスンナリ入ってくる分かりやすさがあるので、騙されたと思って読んでみて下さい。新書レベルに行く前の、大々前提が固められるかと。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

政治学者、専修大学法学部教授。1962年、東京生まれ。
著書に『政治学者、PTA会長になる』(毎日新聞出版)、
『なぜリベラルは敗け続けるのか』(集英社インターナショナル)、
共著に『転換期を生きるきみたちへ』(内田樹編、晶文社)など多数。
愛称オカケン。広島カープをこよなく愛する2児の父。


「2023年 『教室を生きのびる政治学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田憲治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×