開祖 植芝盛平の合気道―「技」と「言葉」に秘められた精神世界

著者 : 大宮司朗
  • 柏書房 (2005年3月発売)
3.73
  • (4)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760127009

作品紹介

明かされる「口伝」の真意。合気道開祖植芝盛平翁。その後半生は、大本教祖・出口王仁三郎との出会いによって神秘的な色彩に包まれていった。そこには何があったのか。解明されていない翁の言葉の数々-古神道家にして大東流合気柔術師範である著者が、古神道思想と合気道技法の密接な結びつきを明らかにしていく。

開祖 植芝盛平の合気道―「技」と「言葉」に秘められた精神世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 合気道にみる気の調律、他者との和合の精神に、演劇へと通ずる一本の確かな導を得た気がする。
    言霊力、呼吸力、中心力といった言葉たちの意味を、これから身をもって学んでいきたいと思う。

  • サブタイトル
    「技と言葉に秘められた精神世界」

    第1章 植芝盛平の生涯(誕生東京での武者修行 ほか)
    第2章 松竹梅の謎(三千世界、一度に開く梅の花手を開く意味とは ほか)
    第3章 円かなる世界(高天原と合気道円の動き ほか)
    第4章 呼吸と水火(天の水火と人間の水火さらなる関連 ほか)
    第5章 禊と合気道(罪穢れを祓う技が健康法となる ほか)

  • 植芝開祖のエピソード集
    ・植芝開祖の生涯
    ・大本教祖出口王仁三郎
    ・松竹梅、三千世界など難解な言葉の解説

全3件中 1 - 3件を表示

大宮司朗の作品

ツイートする