図説 世界監獄史事典

著者 :
  • 柏書房
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760127900

作品紹介・あらすじ

巣鴨プリズンからアルカトラズまで。古代から現代、そして未来に至るまで、歴史の裏側に存在し続ける監獄を体系的に検証。世界中の監獄を12に分類し、それぞれの歴史的系譜を豊富な写真・図版とともに概観した、監獄研究の集大成。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何かを調べるためではなく、何となく借りてきて
    しまいました。本は分厚いし、字が小っちゃーい。
    かなりギッチリ文字だらけです。一字一句読むのは大変。
    でも写真やイラストが多いので理解しやすいです。
    古今東西の監獄。中には学校?リゾートホテル?と
    見間違うようなものもありました。
    運動場やサロンのような開放的な空間を備えていたり、
    近代的な設備が整っていたりする刑務所も。
    収容者たちの人権に配慮して様々な工夫が施されて
    いるのですね。

    付録には「世界の犯罪・監獄関連」の隠語や年表も
    興味深かったです。隠語は、あれもこれも結構今でも
    使われてるのがいくつも・・・。

  • 実は、監獄に関心がある。

全2件中 1 - 2件を表示

重松一義の作品

ツイートする