図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集

  • 柏書房
3.88
  • (25)
  • (32)
  • (36)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 315
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760129904

作品紹介・あらすじ

現場が生んだ、汎用性の高い事例37点を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で調べ物。それは小難しいことを調べるのでは?
    特別な人がすることでは?
    手伝ってくれる人もいないのに…?

    という思い込みを、あっさりぶっ飛ばしてくれる、
    図書館での調べ物の事例集であります。

    これから図書館を使う、全ての人に読んで欲しい。

    図書館では無償で、私たちが調べたい、知りたいと思うことを
    調べるお手伝いをしてくれます。

    もちろんそれは、この本ありますか?から、昔好きだった歌手の好物を
    紹介したものがあれば、何だったか知りたいんですが。

    なんていうものまでOKで…。

    知らないままにしておかないで、これが分かっていれば
    もっと面白かったのに、とかこの時にこのことを知っていたら
    もっと助かっただろうに…

    という、情報や知識を持たなかったことから起きる
    不利益から、私たちを助けてくれる強い味方が図書館であって

    調べ物の腕を自分が上げれば、司書の方に頼らずとも
    自分にぴったりの情報に巡り合うことができます。

    もうちょっと深く知りたいな…とか思ったら、それはもちろん
    ここまで調べてあるんですが、もう少しディープな、専門的な資料
    ありませんか?とかもっと他にもないですか?

    ってカウンターで言えば、きっと力になってくれるでしょうし。

    オナカを抱えて笑いながら、図書館の達人になれる本でした。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ってカウンターで言えば」
      うーーん、素晴しい!
      私は殆どメールで問い合わせてます、恥かしがりなので、カウンターで何て、、、出来ません。。。
      「ってカウンターで言えば」
      うーーん、素晴しい!
      私は殆どメールで問い合わせてます、恥かしがりなので、カウンターで何て、、、出来ません。。。
      2013/02/18
    • 瑠璃花さん
      >nyancomaru様

      いつもコメントありがとうございます。
      とっても嬉しいです。

      そうですよね。恥ずかしいですよね。
      解ります。私も...
      >nyancomaru様

      いつもコメントありがとうございます。
      とっても嬉しいです。

      そうですよね。恥ずかしいですよね。
      解ります。私もそうでした。

      でも、元公立図書館員として申し上げるなら
      もっと気楽に使って頂いて大丈夫。

      図書館員も人間ですから、照れたり
      ドキドキしたりします。

      「うまくお応えしたい!お力になれたらいいな
      ドキドキ…(*^_^*)」

      と思っています。

      ライブラリアンの願いはひとつ。
      いい資料に巡り合って頂きたい!
      という事なので

      「そんなのも知らないの?」

      なんて思われたりはしません。
      逆に自分の知らないフィールドのことを
      求めていらっしゃったら、こちらが尊敬する
      ことはよくありますが^^

      とはいえメールのレファレンスだと
      問い合わせる側が持っている情報や
      求めている内容を正確に伝えることが
      できるので、いいですよね。
      それに遠くまで行かなくていいし^^

      一人の図書館を愛する者として
      どんな方にとっても
      親しみのある、新しい世界や興味への扉で
      あってほしいし、頼れる情報源であって欲しい。

      私自身もその扉を、いつもワクワクして
      開ける人でいたいです。
      2013/02/19
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「いい資料に巡り合って頂きたい!」
      それは判ります!
      時折覗いている「レファレンス協同データベース」での回答の丁寧さに、感動するコトがありま...
      「いい資料に巡り合って頂きたい!」
      それは判ります!
      時折覗いている「レファレンス協同データベース」での回答の丁寧さに、感動するコトがあります。流石だなぁ~って
      「遠くまで行かなくていいし^^」
      はい、知りたいコトの関係地域の図書館にお尋ねしています。行ったコトのない遠方からの回答メールには、いつもワクワクします。
      「開ける人でいたいです。」
      そうですね、図書館も使われてナンボですから、我が家から一番近いと言ってもよい図書館は、某市長の効率化対策から無くなろうとしていて悲しい限りです、、、
      2013/04/01
  • 学生時代に拾い読みをしていたのですが、そのときおもしろかったので、今回は通読してみました。

    現役図書館員の学習会から生まれた本書。
    実際のレファレンス事例をもとに、探索プロセスをショートストーリー形式にまとめてあります。
    なので、「レファレンスってなーに?」という人でも気軽に読めるのが魅力です。
    一般の方向けに調べるためのコツやポイントを解説しているのですが、図書館ではこんな調べものもできるのだというPRにもなっていると思います。

    学生時代のレファレンス演習課題で苦戦した「宮部みゆきさんの小説に出てくる『うそつきらっぱ』という本を読みたい」というレファレンスも掲載されており、懐かしくなりましたw

  • 図書館で調べ物って何するの?という人にも、図書館で働く人にもおすすめです。
    図書館で実際に聞かれた質問に、どう答えていくか、という調べ物の過程が書かれています。図書館で作っている調べ方の案内は、「この質問の答えはここに載ってます」という回答部分のみの場合が多いけれど、この本は「最初は○を調べたけれどなくて、×を深く調べたらあった」というような、回答のプロセスが読み物風に書かれていて、推理小説の謎解きのようで面白いです。
    ベテラン司書さんの場合、「質問を聞いてすぐこちらを当たればいいと思った」と超能力の様な洞察力を発揮する方も多く、司書さんの頭の中を覗けるという意味で稀有な本でもあります。

  • レファレンスとは、本の探偵でありまして、
    司書としての経験と興味関心とひらめきが必要なのであります。
    そういうものなのヨ、こうして調べているのヨと、
    一般人にその職務の一端を知らしめる内容なのではありますが、
    “調査の流れ”は司書としても参考になりますし、
    “格言”はもう、うなずく言葉がたっぷり。
    肝に銘じます♪

  • 日常の「?」を図書館で調べる!

    レファレンスを勉強したい図書館の司書さんとか司書課程履修者向けなのかもしれないけれど、一般の図書館ユーザーも読めば、かなり面白いと思う。ただ、事例として紹介されている疑問に「そういえばどうして?」と思うのも面白いし、「え、そんな本があるの?」「そんなことが書いてあるの?」と発見するのも面白いはず。世の中ググるだけが、疑問の解決方法じゃないんですよ、という面白み。

    実際に使ってみようと思うレファレンスブックもたくさん紹介されている。
    『世界大百科事典』は、項目が多い(p. 73)、『國史大辞典』は図版も多く、国史関係を幅広く扱っている(p. 77)、日本語に関することなら『日本国語大辞典』(p. 82)、『暦日大鑑』は1873年1月1日以降の西暦と元号の他六曜が対照表になっている(p. 98)、国際子ども図書館HPには〈外国語に翻訳刊行された日本の児童書〉データベースがある(p. 123)、『日本大百科全書』(小学館)は、写真や図版が豊富(p. 160)、『理科年表』は科学全分野を網羅しているデータブック(p. 167)、国文学関係の論文は〈国文学論文目録データベース〉(p.210)、明治以前のことを調べるなら『古事類苑』(吉川弘文館)や『和漢三才図会』(p. 266)など。

  • 勉強になった。他の本より気楽に読めるし、例がたくさんあるから参考になる。
    レファレンス経験浅いから頑張ります。

  • 調べるってすごく大事なことなんだけど、自己流になっているのが気になっていた。
    これは良さそう!とレビューを参考に読んでみたが、実際すごく勉強になった。
    何度も読んで調べ方のコツ、身につけたい。
    シリーズの他の本も読んでみよう。

  • レファレンスを勉強しようと思って読む。ストーリーでレファレンスの流れが紹介されて、図書館のキャラクターたちも見ていて面白い。気楽に読めた。
    何か調査がある場合、どういう参考文献を使えばいいか少し触れられてるのが助かる。
    また調査の考え方も紹介されている。

  • 図書館におけるレファレンスサービスについて書かれた本。
    調べ方、参考にできるもの、たくさんあるんだなぁと勉強になりました。

    スッと調べられるようになったらかっこいいだろうな、と思いました(*´∀`)

全50件中 1 - 10件を表示

図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集を本棚に登録しているひと

ツイートする