針の上で天使は何人踊れるか―幻想と理性の中世・ルネサンス

制作 : Darren Oldridge  池上 俊一  寺尾 まち子 
  • 柏書房
3.40
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760131648

作品紹介・あらすじ

天使による癒し、悪霊に取り憑かれたリンゴ、死者の訪問…信じがたい考えを受け入れていた中世・ルネサンスの人びと。彼らが真剣に議論していたその奇妙な事実は、現代という歴史が生み出した虚像にすぎない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中世欧州において現代では考えられない様な迷信が数多く存在し、また、こと真面目に動物に対して裁判が執り行われていたが、具体的な執行方法など」について事細かに解説されています。 ポピュラーな迷信として、魔女・天使・悪魔・疫病についての細かい解説もあり、その手の方々のニーズには答えられる内容となっています。

  • 教科書の副読本的位置ずけで良いと思う

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする