バチカン株式会社―金融市場を動かす神の汚れた手

制作 : 竹下・ルッジェリ・アンナ 監訳 花本知子・鈴木真由美 訳 
  • 柏書房 (2010年9月24日発売)
3.40
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • 88人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760138395

作品紹介

陰謀論より酷い現実。ローマ教皇の側近が、遺言とともに著者に託した四〇〇〇点以上の機密文書。イエス・キリストの名を借りたカトリック教会史上最悪の不正金融操作の実態がいま白日の下に晒される。

バチカン株式会社―金融市場を動かす神の汚れた手の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バチカン銀行の暗部、マフィアや政治家との関係、裏取引の方法などが内部資料を元に詳細に書かれている。
    酷い内容、だけど真実はフィクションよりも面白い。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:338.2378//N99

  • キリスト教の総本山(?)、イタリア政界・財界が舞台の本。
    金まみれの高位聖職者の悪質な資金洗浄(マネーロンダリング)、巨額賄賂、・・・。スケールが大きすぎて、凄すぎです。

  • 読み終えた最初の感想は、「ふー、ようやく読み終えた」ということ。長い間謎に包まれてきたバチカンの「宗教活動協会」、通称「バチカン銀行」の裏で行われてきた、目を覆わんばかりの闇金融取引や、イタリア政治界や企業界を巻き込むスキャンダルを、その中心にいた人物の未公開文書を元に克明に描いたルポ。ページ数も多いのは多いが、それ以上にバチカンやイタリア政治についての予備知識が全くなかったせいもあって読むのがしんどかった。しかしタイトルから想像はつくものの、ここまでカネと権力にまみれた聖職者たちの姿をみると気分が悪い。

  • カトリックの総本山は秘密のベールで厚く覆われている。その内側では贈収賄、マネーロンダリング等、金にまつわる不正が跋扈している。イタリア版『大統領の陰謀』とも言える調査報道の良書だ。

  • 私はカトリックではありますが、バチカンの歴史に関しては非常に冷静に受け止めているつもりです。
    実際ここにでてくるバチカン銀行の存在やそこにどの様な金が流れ込んできているか、、。
    そんな天国か地獄かわからない中で、バチカンの対面を必死で保とうとする人々の想像以上のもがきが、まるで、経済サスペンスの映画を観ているかのようにどきどきしながら読めました。
    でも、これは真実。この本の出版に対して、バチカンの沈黙。
    あえて傷を広げてはいけないのか。
    信者もきちんといわなければいけない時代が来ているのかもしれません。

  • 日本人にはピンとこないかも

  • vaticano s.p.a.

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・D...
ジェイコブ ソー...
シーナ・アイエン...
マイケル・ルイス
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

バチカン株式会社―金融市場を動かす神の汚れた手はこんな本です

バチカン株式会社―金融市場を動かす神の汚れた手を本棚に登録しているひと

ツイートする