キリスト教成立の謎を解く―改竄された新約聖書

制作 : Bart D. Ehrman  津守 京子 
  • 柏書房
4.33
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760138722

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「捏造された聖書」が良かったので、続編として読んでみて、現在のキリスト教の教義である三位一体説を歴史の流れとして理解できた気がした。

    (1)初期キリスト教時代に、イエスは神でなく人間である養子説、キリストは神であり人間でない仮現論、人間のイエスと神であるキリストは分割されているというグノーシス派など、数多くの流派が覇権を争っていた。
    それら流派を打ち倒して、ローマ・カトリックが主流派となった歴史がある。
    そういう異端を打ち倒してきた歴史の中で、イエスは神であり人間でもあるという三位一体説が確立されたので、とても分かりにくい理論になってしまったわけだ。

    (2)面白いと感じた一節は、ヨハネの福音書が作られた背景を推測したお話。
    ヨハネの福音書では、他の福音書と違って、イエスが神性を持つことを明確に記載しているが、なぜそのような記述になったのか?

    (2-1)概略としては、ヨハネの福音書を生み出した共同体は、元々シナゴーグに属していたが、イエスがユダヤのメシアである信仰を持ち続けたために、シナゴーグから去ることを強いられて、独立した共同体を作った。
    しかし、彼らはこのいきさつについて、自分達自身を納得させる理由を持つ必要があった。

    そこで、この新しい共同体では、真実を知っているのは自分達だけで、他の共同体にはその真実は見えないのだ、だから、我々の共同体だけが真実を知っており、天から降臨したイエスだけを知っている、その他の共同体にはそれが見えないのだ、と。

    (2-2)学者は、そういう背景を元に、ヨハネの福音書にある「人間味のあるイエス」の物語、つまり「低いキリスト」は最古の言い伝えであり、一方、「神であるイエス」の物語、つまり「高いキリスト」は彼らの共同体が体験した言い伝えに基づく新しい伝承である。
    それら二つの伝承が混じっているので、この福音書はイエス像の落差が激しく、分かりにくくなっている、とのこと。
    つまり、学者は、ヨハネの福音書を生み出した共同体の歴史を再構築することによって、理論として提示した、というストーリー。
    このストーリーは、まさに、心理学・社会学などの知見をフルに使って、そういうストーリーを再構築したのだろう、と思わせて、非常に面白かった。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:193.5//E36

  •  「捏造された聖書」の著者によるキリスト教と聖書の成立について
    の考察。テキストを客観的、歴史的に評価判断する「本文批評」の
    威力。
     
     私にとっては今までの確信を補強するような内容だったが、中には
    この本を読んでショックを受ける人もいるのだろうな。まぁ日本人には
    いなさそうだけど。

全4件中 1 - 4件を表示

バート・D.アーマンの作品

キリスト教成立の謎を解く―改竄された新約聖書はこんな本です

ツイートする