アメリカの卑劣な戦争―無人機と特殊作戦部隊の暗躍〈下〉

制作 : Jeremy Scahill  横山 啓明 
  • 柏書房 (2014年9月1日発売)
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (441ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760145027

作品紹介

オバマ大統領がノーベル平和賞を手にしている頃、政権は新たな戦争に着手しつつあった…前政権のイラク侵攻を批判していたはずのオバマ大統領。対テロ作戦によって、むしろ、世界各地で戦闘が拡大している現状を描く。

アメリカの卑劣な戦争―無人機と特殊作戦部隊の暗躍〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オバマが大統領に就任したころ、アメリカの対テロ対策コミュニティの仲ではソマリアに対する懸念が高まっていた。
    オバマが全世界で展開する強硬的な防衛戦略とアメリカが行っている戦争は正しい戦争だとするオバマの主張は共和党からも絶賛された。

全1件中 1 - 1件を表示

ジェレミー・スケイヒルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
スティーブン・ピ...
米澤 穂信
リチャード ウィ...
ウィリアム・H・...
有効な右矢印 無効な右矢印

アメリカの卑劣な戦争―無人機と特殊作戦部隊の暗躍〈下〉はこんな本です

ツイートする