ピンポン外交の陰にいたスパイ

制作 : Nicholas Griffin  五十嵐 加奈子 
  • 柏書房 (2015年7月18日発売)
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 18人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760146208

作品紹介

一九七〇年代初頭、アメリカと中国の間に劇的な宥和を生んだ「ピンポン外交」。そこには五〇年前にさかのぼる、一人の男の存在があった…イギリス名門貴族の出身にして、社会主義者、映画プロデューサーで国際卓球連盟会長、アイヴァー・モンタギューの活躍と、卓球を巧みに取り入れてゆく中国の姿を描く。中国が卓球王国となるきっかけを作ったスパイと、激動の二十世紀・年代記。

ピンポン外交の陰にいたスパイの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  世界史の面白さが味わえる。
     現代中国に、万が一、周恩来がいなかったら。あらためて、それを思う。
     
     それにしても、子どもの頃、急に田中角栄が日中国交正常化をなしとげたが、そのスタート地点に、こんなドラマがあったとは。

     ピンポンさんの本を、今度は読もう。

     

全1件中 1 - 1件を表示

ピンポン外交の陰にいたスパイはこんな本です

ツイートする