作品紹介・あらすじ

【概要】
この本はあなたの本棚のために特別に作られました──。
西崎憲がプロデュースする短文集シリーズ〈kaze no tanbun〉第一弾。現代最高の文章家17人が「特別ではない一日」をテーマに、小説でもエッセイでも詩でもない「短文」を寄せました。作品同士が響き合い、まるで一篇の長編作品のようにも読めるかつてない本です。

【kaze no tanbunとは】
「自分の生涯においてこれを作ったと自慢できる本を作りたい」。日本翻訳大賞の発起人であり、電子書籍レーベル「惑星と口笛ブックス」主宰、そして文芸ムック『たべるのがおそい』編集長をつとめた西崎憲の発案からスタートした、全篇新作の「短文」アンソロジーシリーズ。「短文」とは「小説でもエッセイでも詩でもない、ただ短い文。しかし広い文」(西崎氏)。全3冊を予定。シリーズ通してブックデザインは奥定泰之。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • +++
    この本はあなたの本棚のために特別に作られました──。
    西崎憲がプロデュースする短文集シリーズ〈kaze no tanbun〉第一弾。現代最高の文章家17人が「特別ではない一日」をテーマに、小説でもエッセイでも詩でもない「短文」を寄せました。作品同士が響き合い、まるで一篇の長編作品のようにも読めるかつてない本です。

    我妻俊樹/上田岳弘/円城塔/岡屋出海/勝山海百合/小山田浩子/岸本佐知子/柴崎友香/高山羽根子/滝口悠生/谷崎由依/西崎憲/日和聡子/藤野可織/水原涼/皆川博子/山尾悠子(50音順)
    +++

    短編でも掌編でもなく短文、というだけあって、ひとつひとつの物語はとても短く、隙間時間にちょこちょこと読める。とはいえ、内容は気軽に読めるものばかりではなく、少々難しいものもあり、じっくり読みたいものも多い。特別ではない一日というキーワードに則って書かれているが、どれも特別感のある物語だと思わされる一冊だった。

  • よかった。
    〝特別でない〟光景、風景の中ににじむ、何かの思い、気持ち、心。
    霞の先のそれらを薄く感じる文が好きだ。
    自由があるし、より強さを感じる。
    好きな作家が名を連ねていて、この感触で、この装丁。
    すごくいい。

  • 岸本、小山田、滝口、山尾、◎

  • 桜の軸の表紙に惹かれて読みました。アンソロジー。

    勝山海百合さん『リモナイア』、ホラーファンタジーのような恋人同士の話。この作品が特に面白かった。二人の空気感が自然で、不気味な話なのに、ああ特別ではないんだなと感じさせられる。

    他にも、ユーモラスで幸せな気持ちになる滝口悠生さんの『半ドンでパン』、よく解らないけど文章を読んでいて心地よかった我妻俊樹さんの『モーニング・モーニング・セット』、不安定さと空想にちょっと切なくなくなる岡屋出海さんの『午前中の鯱』などが好きです。

  • 山尾悠子、岸本佐知子、柴崎友香など17人の書き手による書下ろし<短文>アンソロジー第一作。この<短文>という自由さがいい。色々な手ざわりのものが贅沢に詰まっていて、目次が巻末に置かれていることもあり、次はどんなのが来るのかな?と頁をめくるのがとても楽しかった。“文章だってね、だらけることはあるんですよ。”と、非常に変わった語り手が登場する円城塔「店開き」。クスクス笑ってしまうけれど、ふと真顔で紙面を見つめてしまったり。剽軽でグロくて楽しげな末世、皆川博子「昨日の肉は今日の豆」では思わずひゃっと声が。他には勝山海百合「リモナイア」、藤野可織「誕生」、西崎憲「オリアリー夫人」等が好みでした(2019)

  • 『kaze no tanbun』シリーズ第1巻。
    著者名を見ただけでワクワクするアンソロジーというもはそうは無くて、本書はその、かなりレアな1冊だった。ここまで豪華な面子を集めて、2巻以降はどうなるんだろう……。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

我妻俊樹 Toshiki Agatsuma
『実話怪談覚書 忌之刻』で単著デビュー。
「奇々耳草紙」シリーズ、忌印恐怖譚シリーズ『くちけむり』『めくらまし』『みみざんげ』など。
共著に「FKB饗宴」「てのひら怪談」「ふたり怪談」「瞬殺怪談」「怪談五色」「怪談四十九夜」各シリーズなど。
歌人でもある。

「2020年 『忌印恐怖譚 くびはらい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

我妻俊樹の作品

kaze no tanbun 特別ではない一日を本棚に登録しているひと

ツイートする