歳月

著者 :
  • 花神社
4.43
  • (51)
  • (17)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 238
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760218677

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 茨木のり子の激情

  • 誰かをこんなに風に好きになって、愛してみたいと思わせる、純粋で尊い愛の形・・・。

    少女のようないじらしい愛の告白に心打たれました。

  • 突然亡くなってしまった旦那さんに対する詩集。
    すごいラブレターだと圧倒されました。
    結婚したらこういう風に相手を想っていたいし
    想われたいと思いました。

  • 荳頑ゥ玖除遨ょュ先嶌蠎励h繧翫?

  • 亡くなった
    その哀しみがまた
    愛おしさに溢れ

    それは歳月があったから

    折にふれ気配を感じる

  • 素晴らしかった。
    ぐっときた。
    こんな気持ちになれる二人とは、
    どんな結びつきなんだろう。

    素晴らしかった。

  • 愛しかない。
    自分の感情に、ひたすら目をこらして耳をすませて、結晶のようにつながれた言葉たち

  • 2015/12/28読了。
    詩集を手に取ったことはほぼ無かったのに、何かで読んだ書評で興味を持ち読んでみることに。
    彼女のひたすら夫を思う詩の数々に、人間の衝動的な感情はあれど品格を感じてなんとも言えない気持ちになった。

  • 『その時』の
    「生木を裂くように」という
    言葉で
    感情がうねってしまい
    涙が止まらなくなりました

  • 旦那さんへの想いを集めた詩39篇が詰まった詩集。

    (存在)の破壊力がすごい。
    コトバでこんなにも
    ひとの心を掴んでしまうなんて。

    あの時の想いも、あの瞬間の想いも、
    カタチにしてしまうなんて。
    見えるようにしてしまうなんて。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作詩:詩人。大阪生まれ。1953年、川崎洋と同人誌『櫂』を創刊。戦後の現代詩をリードする。代表作「わたしが一番きれいだったとき」の他、詩集『対話』『見えない配達夫』『鎮魂歌』など。


「2017年 『女声合唱組曲 歳月』 で使われていた紹介文から引用しています。」

茨木のり子の作品

ツイートする