狼にそだてられた子

  • 24人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : A・ゲゼル
制作 : 生月 雅子 
  • 家政教育社 (1967年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760603244

作品紹介

原タイトル: Wolf child and human child

狼にそだてられた子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 育てるということについて考えさせられた。
    この姉妹が長い間生きられたのも、言葉を覚え始めることができたのも、人間社会に連れ戻されてから自然に人間としての本能で人間達に馴染もうという力が働いたのではないと感じた。
    普通の犬でも二本足で立って歩き、言葉を発することができるようになるであろうレベルで熱心に、施設の女性がサポートをしたから、人間の生活にも目を向けることができたのだと思う。
    毎日全身にマッサージをして関節をのばしたり、本当に愛情を持って「子育て」をしていたからこそで、その努力がこの姉妹が人間であったこと以上に重要だったのではないか、と思った。

全1件中 1 - 1件を表示

狼にそだてられた子のその他の作品

狼にそだてられた子の詳細を見る 単行本 狼にそだてられた子 A・ゲゼル

A・ゲゼルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする