アスペルガー当事者が語る特別支援教育―スロー・ランナーのすすめ

著者 :
  • 金子書房
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760821426

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「スロー・ランナー」とは、自閉的であったと見られる哲学者ヴィトゲンシュタインの「哲学のレースで勝つのは一番遅く走ることができるものだ」という言葉からこうもり氏が取ったものである。

    学問的にも立派な内容であり、若干読むのが難しい側面はあるかもしれない。

    内容が、特別支援教育のみならず、哲学や、教育現場にも向けられている。
    当事者の語る特別支援教育の像が提示されるが、ほんとうに今の教育に取り入れていただきたい内容ばかりである。

    「発達迷宮」を本人が進んでいく手助けを、自分も進みつつ手を携えて考えていけたらこれほどうれしいことはない。

  • 大好きな本。
    とても影響されました。

  • 車椅子の人に歩けとは言わないのに なんで発達障害の人は 出来るように努力しなければならないんだろう?人間は あるべきカタチに作り替えられなければならないんだろうか?

全3件中 1 - 3件を表示

高森明の作品

ツイートする