吃音の当事者研究: どもる人たちが「べてるの家」と出会った

  • 金子書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760823802

作品紹介・あらすじ

北海道「浦河べてるの家」の当事者研究にふれることで、どもる人たちが、自分たちの生き方の素晴らしさを再確認できたワークショップの記録。吃音を「治さない」で、「受け入れる」ことのススメ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レポート作成に使用。
    べてるの家のSST当事者研究を吃音の当事者団体がやってみるという内容。
    ページ数は一般的ながら、対談あり、べてるの家の事例あり、吃音の当事者研究ありと中身が濃い。

    個人的にはSSTが生まれた時代的な背景などが、向谷地氏から丁寧に語られていて、当事者研究とはなんぞや?を知ることができてよかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

北海道医療大学教授

「2013年 『吃音の当事者研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

向谷地生良の作品

ツイートする