子どもを勇気づける教師になろう!: アドラー心理学で子どもが変わる

  • 金子書房
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760823840

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アドラー心理学の考え方...「自尊心」「自己受容」「自己効力感」そして「自己肯定感」をベースにし、子どもたちへの対応の仕方、教師の心の持ちようを伝えます。明日の授業で使えるヒントを、文章と図解で示しています。OPAC → http://t.co/RKEKNAbcKW

  • 教育現場の立場で書かれていて心に響くことが多かった。自分自身に向けてより、このように子供たち、誰かに向けてをイメージしながらの方が自分はアドラーを考えやすかった。

  • 請求番号:371.45/Iwa
    資料ID:50075149
    図書館1階 学生選書コーナー

  • 「勇気づけの心理学」が大変、自分にとってはためになったので、題名にひかれて読んでみました。雑誌の連載をまとめたものということで、本の中身としては、少し物足りない感じです。「アドラー心理学」を全く知らない人が読めば、内容についてすっと入ってきて良書だとは思います。

    勇気づけのこと、アドラーのことを振り返る良い機会になりました。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

有限会社ヒューマン・ギルド代表取締役。
上級教育カウンセラー、アドラー心理学カウンセリング指導者。
著書に『マンガでやさしくわかるアドラー心理学』2014(日本能率協会マネジメントセンター)、『人生が大きく変わる アドラー心理学入門』2014(かんき出版)、『親と子のアドラー心理学』2015(キノブックス)、『感情を整えるアドラーの教え』2016(大和書房)、『働く人のためのアドラー心理学』2016(朝日文庫)、『男と女のアドラー心理学』2017(青春出版社)などがある。

「2018年 『イラスト版 子どものアドラー心理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩井俊憲の作品

ツイートする