思春期・青年期の発達障害者が「自分らしく生きる」ための支援

  • 金子書房
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760826438

作品紹介・あらすじ

発達障害のある子どもが成長し、自分の障害のことや友人関係のこと、また将来のことに悩み、不安を感じる中で、専門家や支援者、そして周囲の大人たちは、彼らにどんな支援ができるのか。自己理解、診断告知、SST、就労支援などに焦点を当て、わかりやすく解説。心理学者・教育学者・医師・現場の支援者からのメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • HUMICでの請求記号「378/Ko 39」

  • 思春期青年期対象といっても、私がつまずいてたりなるほどーと思う箇所も多く…あながちタイトルだけで関係ないわと判断スルーするのはもったいないなと。

    さーっと読めてよかったのだけど、
    値段の割にページ数が少なくてね、ざんねん。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

岐阜大学教育学部。発達障害心理学、発達障害心理臨床、特別支援教育が専門。

「2013年 『発達障害のある子の「自尊感情」を育てる授業・支援アイディア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小島道生の作品

ツイートする