発達障害は生きづらさをつくりだすのか: 現場からの報告と実践のための提言

著者 :
  • 金子書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760832491

作品紹介・あらすじ

発達障害の特性をもつ本人が感じる「生きづらさ」とは?――乳幼児健診、就学前支援、小・中学校での特別支援教育、高校・大学での特別支援、成人期支援、そして就労支援まで、幅広いライフステージでの臨床・研究をベースに、発達障害理解・支援のあり方を、本人の生活・家族・社会といった総合的な視野から考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 成人のところだけひろい読み。
    インタビューで語ってる人が、おんなじだぁって思って、ちょっとうれしかった。
    あとがきの、筆者の文章がよかった。
    こういうふうに考えてる人の本はまた読みたい。

  •  発達障害の本というと、子どもがかかえる発達障害に目がいきがちになってしまいますが、この本には、子どもに限らず、成人期の支援や就労支援についてなど、幅広い事例が取り上げられています。
     また、現場からの報告や、実践のための提言が豊富に取り上げられており、とても役に立ちます。
    (教育学部・初等教育課程/匿名希望)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1958年生まれ。北海道大学名誉教授、児童精神科医、臨床心理士。現在、「こころとそだちのクリニック むすびめ」院長。1983年に獨協医科大学医学部を卒業後、旭川医科大学精神科神経科、同病院外来医長、北海道大学大学院教育学研究院教授、附属子ども発達臨床研究センター教授などを経て現職。『軽度発達障害―繋がりあって生きる』(金剛出版)、『生活障害として診る発達障害臨床』(中山書店)など著書多数。

「2017年 『うちの子はADHD 反抗期で超たいへん!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中康雄の作品

発達障害は生きづらさをつくりだすのか: 現場からの報告と実践のための提言を本棚に登録しているひと

ツイートする